紫外線のニキビへの影響

紫外線へのニキビへの影響とは?

強い紫外線

紫外線を浴びることによって活性酸素が増えます。活性酸素による皮脂の酸化のため、ニキビの炎症がひどくなり、悪化することにつながるのです。紫外線を浴びることによって、肌が本来持っている保湿機能がダメージを受けることになります。
日焼けによって乾燥をしやすい人が多いのは、このためです。そして肌の乾燥により肌の免疫力が低下してしまいます。そうなれば、結果としてニキビの炎症が進むことになり、悪化をしてしまうことになるのです。

紫外線とニキビの関係性

紫外線を浴びることによって、肌を守るために角質層が厚くなります。そうなることにより角質が毛穴をふさいでしまうのです。そしてニキビが出来やすくなってしまいます。ニキビが出来ていると日焼け止めを塗ることを躊躇する人もいますが、実際には日焼け止めがニキビを作るというわけではありません。
そのため、ニキビが出来ている場合でも日焼けを防ぐことが必要になるのです。日焼けを防ぐために、UV対策をしっかり行うことは、結果としてニキビを悪化させないということにも関係してくるのです。
ニキビの悪化を恐れて日焼け止めを塗らないのではなく、悪化しないためにも日焼け止めを塗るようにしましょう。