ニキビ肌の人の日焼け止めの選び方1

ニキビ肌の人が日焼け止めを選ぶ時には

ニキビ肌の人が日焼け止めを選ぶ時には、基本的には敏感肌の人が日焼け止めを選ぶ時と同じと考えても良いでしょう。ニキビにより肌がダメージを受けていることになりますので、これ以上肌に負担をかけないことが必要なのです。
肌に負担をかける日焼け止めを選ぶことにより、ニキビ肌へのダメージが懸念されます。肌を守るためにも、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを選ぶことが理想的でしょう。もしくは、肌負担が軽減された吸収剤を使用した日焼け止めを選ぶということが必要になってきます。

どんな日焼け止めでもOK!は間違い?

指でバツを作る女性

ニキビ肌であるという時点で、自分の肌を普通肌以上に守ることが必要になってきます。ニキビ対策で、ピーリングなどの角質ケアをしている人でも、肌のバリア機能が低下していますので、ピーリングを行った後には、特にしっかりとUVケアをする必要があるのです。
ここでしっかりとUVケアを行わないことにより、かえってニキビを悪化させてしまうことになってしまいます。せっかくのピーリングの意味がなくなるようなことは、避けたいことですよね。出来るだけ肌に優しい日焼け止めをきちんと塗るようにしましょう。